ハル兵衛の工作室

アクセスカウンタ

zoom RSS マザボ「BIOSTAR TForce 6100-939」の不思議 最後のWinXPを自作するC

<<   作成日時 : 2006/11/03 14:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

さて、マザボ「BIOSTAR TForce 6100-939」は固有のロットで不具合が生じるらしい、とネットに載っていたが、同様にBIOSをアップデートすれば良くなるらしいとも載っていた。

明らかに初期不良?それとも不良品?

販売店保証の初期不良品交換は最大で1ヶ月。作るのが到着後1ヶ月だから、とうに保証期間は過ぎてしまっている。でも、不良品だったらメーカー保証もあるはずだから、とりあえず販売店に事情をメールした。
アップデートも考えられたけど、失敗したら元も子もなくなってしまうからね。

結果、販売店より「初期不良と思われるので、指定業者が引取に伺います」とメールが届き、まずは一安心。
あとはサポートセンターの検証作業で不具合が確認でき次第、交換の運びとなる。
まだまだハードルは高い。


CPUクーラーの取り外しは至難の業

せっかく組み立てたPCだが、マザボを外し、付属品一式を箱に戻さなければいけない。
CPUはAthlon64で、CPUクーラーは付属のものを使ったが、Athlonのクーラーの取り付けには相変わらず苦労する。
そして今度は初めてのクーラー取り外し、イヤー!本当に大変だ。もう少し何とかならないだろうか。
マイナスドライバーを使って外すのだが、その力半端じゃない。
もしドライバーが外れたら、基板自体を確実に破壊してしまうので、とにかく慎重にやったけど、とにかく時間がかかった。
これ、女の人だと外せないのでは?

もう二度とAthlonのCPUクーラーは外したくない。
せっかく作ったPCはまた初めの状態に、マザボはもとの箱に収まった。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自作、苦労されているようですね。この辺が楽しくもあり面倒でもあるところですが、買ってきてすぐ使える出来合いのパソコンと違って苦労して動いた時の喜びは格別な物があります。
BIOSTARは結構トラブルが多いみたいですね。私の勤務先でも装置に使っているPCが同じようなトラブルで動かなくて、苦労しました。
Athlon64のCPUクーラーは本当に外すのに苦労しますよね。私も外したことがあるのですが、基板を傷つけないよう基板にガムテープを2枚重ねて保護し、慎重に取り外しました。
DeepSky
2006/11/09 23:46
最後のWinXPを自作するEに書いたんですが、BIOSTARは不良を認めないそうで、交換しても同じバージョンのマザボが来るだけ、とサポートセンターから連絡があり、BIOSTARは止めました。
ほかでもトラブルがあるんですか。止めて良かったかも。
CPUクーラーはこれがあるから外したくない。だから、CPUに満足がいかなくなったら、マザボごと全取っ替えしてしまうんですね。
ハル兵衛
2006/11/11 13:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
マザボ「BIOSTAR TForce 6100-939」の不思議 最後のWinXPを自作するC ハル兵衛の工作室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる