ハル兵衛の工作室

アクセスカウンタ

zoom RSS 今更ですが、XPで「休止状態」を使う。

<<   作成日時 : 2008/07/21 17:04   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

原油価格の高騰で、ありとあらゆる物が上がってきていますね。

元々省エネを心がけてる私ですが、いざパソコンに関してはなかなか難しい。
商売上パソコンは1日つけっぱなし。24時間稼働も珍しくないわけで・・・

そんな折も折、6月23日発行日経パソコンに「消費電力を極める」の特集記事が載っていたので、早速実施することにした。

要はパソコンを「休止状態」にすることで消費電力を押さえようとするもの。


パソコンの電源は就寝前にはできるだけ落とすようにしているのですが、何せ、翌日の立ち上がりが遅い。
毎日の仕事始めにパソコンのスイッチを入れるのですが、つけないときもよくあって・・・
そんな時に限ってお客様から価格の問い合わせがあるんです。
「すいません」 とお客様に謝りつつ、立ち上がりを待っている時ほどイライラすることはありません。


立ち上がりを早めるためにいろいろなことをやりましたね。

メモリーは当然ながら増設。
現在XPですが、1GBから2GBに増設。
使用メモリーが最大で1.3GBほどなので、思い切ってページングファイル(仮想メモリー)を無効化し、無用なスワップを防ぐことに。
不要な常駐ソフトを外し、さらに隠れ常駐ソフトには「スタートアップチェッカー」を導入しダイエット。

それでも、「オートセーブ」とか「インターネットセキュリティー」とか起動に外せないソフトも多いので、どうしても起動に4分以上かかってしまう。
お客様をお待たせしての4分は永いですよ。


で、今実施しているのがパソコンをシャットダウンせず「休止状態」にすること。

これを詳しく知っている人、意外と少ないんでは?
私も10年以上パソコン使っているけど、「休止状態」と「スタンバイ」違いすらわかっていなかった。


それでは、XPをどうやったら「休止状態」にできるのか。

パソコンを終了させるとき、「スタート」より「終了オプション」を選択しますね、すると「コンピューターの電源を切る」のウィンドウが現れ、「スタンバイ」「電源を切る」「再起動」の三つボタンが選択できるようになります。
これは誰でも知っていることですが、これでは「休止状態」にはできません。

実は、XPの標準では「休止状態」は無効になっているのです。
「休止状態」を有効にするには「コントロールパネル」で設定を次のように変えます。

「コントロールパネル」で「電源オプション」をクリック。「休止状態」タブで「休止状態を有効にする」にチェックを入れる。これだけです。
但し、設定を変えてもパソコン終了時の「スタンバイ」「電源を切る」「再起動」三つのボタンは変化ありません。

このとき「Shift」キーを押します。すると「スタンバイ」が「休止状態」に変わりますので、ここで「休止状態」をクリックしてください。パソコンは休止状態になります。


「休止状態」と「スタンバイ」の違い

スタンバイ:メモリーなど最低限の回路以外の電源供給を止める。メモリー上にデータを残す。
休止状態:消費電力はシャットダウン時とほぼ同じ。メモリー上のデータはハードディスクに保存。

節電を考えるなら「休止状態」「スタンバイ」どちらも大差ないようだが、スタンバイ中に電源が切れた場合はデータはメモリー上なのでスタンバイ前の状態には戻らない。
また、休止状態にする場合はデータをHDに移動させるために時間がある程度かかる。復帰も時間がかかる。但し、復帰後は休止状態前と同じ。

参考資料
XPデスクトップの消費電力実測データ(6月23日発行日経パソコン
起動中:70W(カタログ値最大354W)
スタンバイ:2W(カタログ値3W) 復帰起動時間:10秒
休止状態:1W      復帰起動時間:30秒
シャットダウン:1W   復帰起動時間:73秒


私のPCのように起動に4分以上かかる場合ではどうなるか。

通常の起動:4分15秒
メモリー使用614MBの状態で(エクセル・販売管理ソフト・メーリングソフト・IEを立ち上げ中)で「スタンバイ」「休止状態」を実施する。

スタンバイまで:0秒  スタンバイから復帰:10秒
休止状態まで:38秒 休止状態から復帰:60秒

復帰の場合は通常通りパワースイッチを入れる。


スタンバイの方が明らかに起動が速いが、仕事で使っているPCはスタンバイ中に何があるかわからないのでやはり「休止状態」を選んだ方が安心。
復帰時間は60秒だが、通常起動より3分以上短縮したわけだから何も言うこと無い。

私のPCのようにソフト満載、起動でイライラしている場合は「休止状態」で終了するのも省エネ時代にはいい選択ではないか。
尚、「休止状態」は電源オフ状態と変わらないが「スタンバイ」の場合は少し違う、パワーLED等は消えているがフロントパネルの温度表示は消えないし、ファンも回転している。
筐体が大きくなるほど、またパワーがあるほど消費電力の差は大きくなると思う。

そんなわけで、今はデフラグするとき以外はシャットダウンしない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「和田商店会パソコン談義」そのB パソコン「休止状態」で終了する
梅雨も明け暑い日が続きますが、皆さんお元気ですか。 ...続きを見る
和田商店会 気ままにブログ
2008/07/21 23:44

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
今更ですが、XPで「休止状態」を使う。 ハル兵衛の工作室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる