ハル兵衛の工作室

アクセスカウンタ

zoom RSS alan(アラン)のすごいボーカルに震かん!

<<   作成日時 : 2009/01/14 22:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

いやー!本当に久しぶりのアップです。

昨今の厳しい経済状況でとてもブログ処ではなっかった。
とはいえ、付属する商店会とビジネスブログはそこそこ更新してたんだけど。

昨日、いつものように仕事で運転中、車でFMを聞いていたんだ。
ゲストは津軽三味線の吉田兄弟。今、もらいたい賞は?なんて話をしていて、「三味線を世界にひろげたで賞」とか「グラミー賞」とか話していた。では、聴きたい曲は何ですか、と言われ「すごく民謡に通じるところがあって・・・我々も一緒に・・・」(全く確かではない)なんて、コメントを聞いていたんだけど・・・

曲を聴いているうちに鳥肌が立った。ボーカルの高音が衝撃的。
確かに吉田兄弟がいうように節回しが民謡のこぶしに似てるが独特の透明感。久しぶりにすごいボーカリストに出会った。

歌手の名前をしっかりチェック。アラン。アランね!


さあ!帰って調べましたよ。
そこで、またビックリ!

なんと彼女は日本人ではなかった。ちょっと信じられなかったけど、プロフィールを見て納得。
たぶん知らなかった私が遅れているのだろうけど・・・

alan(アラン)
中国四川省出身。チベット民族で幼い頃から唄と二胡を習う。
9才の頃テレビドラマの準主役に抜擢。
16才で解放軍藝術学院声楽家に入学。
2006年「第9回上海音楽祭」で銀賞。
その後AVEX CHIINAのオーディションで日本デビューが決定。

(alanのOfficial Websiteより抜粋)


明日への讃歌 〜Orchestra Version〜

これがその時に聞いた曲である。
とにかく高音部のノビと張りは、すごいの一言に尽きる。あれだけ快い高音は類を見ない。どこまで伸びるのだろうか。
映画「レッドクリフ」の主題歌も彼女なんですね!

それにしても高音の節回しは吉田兄弟のいうとおり民謡のそれとよく似てる。以前大河ドラマの主題曲唄ったモンゴルの歌手の高音にも近いものがあるし、アジアはどこかで共通なものがあるのかもしれない。

未だ彼女の歌声に触れてない方は是非お聞き下さい。
「明日への讃歌」はユーチューブでもヒットします。

ところで余談ですが、彼女はものすごい美形。早速壁紙ゲットしました







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
alan(アラン)のすごいボーカルに震かん! ハル兵衛の工作室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる