地デジチューナー GV-MVP/HS2(アイ・オー・データ) 編集は厳しい!

もう、今では化石のようなGV-MVP/HS2(アイ・オー・データ)だが、未だに使っている。
というのは、新しい地デジキャプチャーの実力が読めないからだ。

GV-MVP/HS2(アイ・オー・データ)を取り付けてから、一年半。

録画・画像は何ら不足なし、DVD・BDに編集なしでダビングするのも特に問題なし。ところが、CMカットなど編集し始めるともうPCは言うことを聴かず、クリック一つで数十秒待たされる。あげくはおきまりのハング!

ちなみに我がPCのスペックは以下の通り

MB:ASUS MA -VM HDMI
CPU:Athlon X2 5050e BOX AM2 Dual Core(2.6GB)
メモリー:DDR2 PC6400 1GB×2
グラフィック:オンボード Radeon X1250-based
BRDドライブ:I-O DATA BRD-SH8B


このGV-MVP/HS2(アイ・オー・データ)を使うためにCPUを変え、ブルーレイも入れた、ところが編集ソフトが超重い。

地デジを録画するのは暗号やら何やらでCPUに負担をかけるのはわかるけど、とにかくなかなかまともにできない。
スペックはそれほど高くは無いが、最低限のスペックはあると思う。
ところがいざ編集するとなると、応答なしのメッセージが頻繁に出没、時間をかければ元に戻るときもあるが、ハングするのは珍しくない。
それでもまともに編集できることもあるので、不可解だ。

何がいけないのだろうか。

それこそサポートにはその都度連絡、答えは決まって申し訳ありません。競合するライティングソフトを削除し、常駐ソフトを終了させ・・・・

そんなことはもう何回もやっているわけだから、いちいち言われるのがしゃくに障る。
しかも必ずソフトをすべてアンインストールし、はじめからやり直さなければいけない。これが大変時間がかかり、手間がかかる。

今回、映画数本をCMカットし、久しぶりにDVD・BDに焼いたわけだけど、最高で1日1本しできない。
最後の映画は2時間30分くらい、編集の途中でハングしたのが3回、編集し終わってBDに焼く段階になってソフトが自動終了してしまったのが3回。

今はやる気がなくなってしまった。

ソフトの未完成さを指摘されることも多い機種だが、だったら市場に出すなといいたい。

もう一度CPUのスペックをあげてみようか、あるいはグラボもつけようかとも思っているのだが、いまだ決心できないんだなぁ~。


P.S.

その後、ドライブのファームウェアを最新のものに更新し、規定通りにサポートソフトを最新のものにしても、例の2時間半の映画は未だブルーレイに焼けない。再挑戦は10回以上になった。

こうなったらもう意地か!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック